FC2ブログ

ジャズ・チャンツ on 2005-10-19


20050919060618.jpg


20050919060602.jpg


音読が脳の老化防止に良いとか。

英語の勉強にも音読は良いのです。それも日本人はリズムやイントネーションが苦手ですから、詩のような英語を読むと、とてもよいと思います。

写真は見えにくいですが、ジャズ・チャンツという本(テープつき)の1ページ。簡単な文章ですけれど、こういうのを声に出して読むと、リズム感とか身について、通じやすい英語になるはずです。

ジスイズアペンと全部同じ強さで発音するのではなく、ディス イズ ア ペン
大事なのはペンなので、それを強く発音するわけです。

というわけで、ミニ英語講座でした。
スポンサーサイト





  1. 2005/10/19(水) 05:26:20|
  2. 英語|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

早速、探してみるべ。ジャズ・チャンツ。

”ジャズ・チャンツ”知らなかったよ。いろいろ勉強になります。

Jazz Chants(ジャズ・チャンツ)
『ジャズと音声言語を組み合わせて、聴き、話す能力を伸ばすことを狙った指導法。提唱者はC. Grahamである。ジャズのリズムに合わせて、英語のイントネーション(intonation)や、強勢(stress)、リズム(rhythm)を自然に学習させようとする指導法。機械的になりがちな文型や発音の反復模擬練習を楽しく効果的に行うことを意図して考案されたものである。

ジャズ・チャンツは、日常生活で使用される表現をいきいきとした場面や状況の中で練習できるように作られている。また、社会・文化的ルールに則して適切に英語を使うための判断力も養えるように工夫されている。音声的に自然な英語を楽しく効果的に身に付けさせる点が最大の特徴であるが、チャンツを使用して学習できる言語項目が限られているという問題点もある。』

そうそう会話ブック見て読めてもイントネーションが判らないのよね。こりゃよかばい。
ところで、昨日のテレビ番組でやってたお国言葉の番組は面白かった?日本語も難しいね。

  1. 2005/10/19(水) 14:45:24 |
  2. URL |
  3. keis #-
  4. [ 編集]

★拍子をとってやったよ★

凄い。こんなのがジャズ・チャンツで出てくるんだ。はい、そのC. Grahamのものです。生徒には私が机で木の「根性棒」で拍子をとりながらいっせいに音読させたりしてました。これはいいよ。
私もお国言葉の番組は鑑定団の前にちょっとみたなりでごJAL。身内とのTELなどに相手がお国言葉なのに標準語で話そうとして四苦八苦しているのがおかしかったけんね。笑いをこらえちゃるのに大変じゃった。
  1. 2005/10/19(水) 16:03:34 |
  2. URL |
  3. HIROKO #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://korosukekororin.blog22.fc2.com/tb.php/70-95a31653

Information

HIROKO

09月 « 2019年10月 » 11月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Other

Search