スポンサーサイト on --------


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 60 on 2012-06-07


6月6日 パナマ運河通峡

この日はパナマ運河を通る一大イベントの日。なのでノーアクティヴィティデイで日中は何のクラスもありません。
私は4時に起きて4時35分に11階のデッキに出てウォッチを開始しました。

5時8分ごろパイロットが乗船。その後19人のキャナルセイラー(運河を通る時にとなりに機関車を併走させ、それが船とロープを繋いで走るのですが、そのロープの作業をする人が乗って来ます)、最初のガツンロックに入りました。私達の前で隣のレーンに香港船籍のMAERKSのコンテナ船が航行しているので、運河のロックの動きとかが分かりやすくて良かったです。最初のガツンロックは3個の部屋(チャンバー)があって、そこに船が入り、水を入れて、次の部屋と同じ水位になったら、また扉を開けて次に移る、を繰り返します。

ガツン湖に入ってからは1時間程待機して、それからまた2つのロックを通り(途中1つの橋をくぐりました)、最後にはアメリカ橋をくぐって太平洋に出ました。最後のミラ・フローレンスロックでは雨になりましたが、数階建の見学席に沢山の観光客の人がいて、手を振って見送ってくれました。楽しかったです。

お昼はうなぎの様にするりと運河を抜けられる様に、うな重でした。

途中ワニが見えるとパイロットが言っているという放送もありましたが、良く分かりませんでした。(カメラマンは撮影したようです。)私はペリカンとか他の鳥をすこし見ただけでした。

何回もパナマ運河を通っている人には目新しくないでしょうが、やはり初めての私はわくわくどきどきの運河通峡でした。思ったほど暑くなくて、カメラも湿気で故障することも無く良かったです。


スポンサーサイト


  1. 2012/06/07(木) 12:43:11|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Information

HIROKO

08月 « 2017年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Other

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。