スポンサーサイト on --------


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

METライブビューイング No.3 on 2010-12-07


昨日はメトロポリタンオペラのライブ・ビューイングの3作目を見に行ってきました。見たのはドニゼッティの「ドン・パスクワーレ」。

全然予備知識なしで行きました。楽しい喜劇。主な登場人物は4人。70歳のドン・パスクワーレとその甥のエルネスト。その恋人のノリーナとエルネストの友人でドン・パスクワーレの医師のマラテスタです。エルネストはノリーナと結婚したいと思っていますが、彼女がバツイチであるためドンは反対。自分が勧める結婚をしないからとエルネストを追い出そうとします。マラテスタはノリーナを自分の妹の無垢な女性と偽ってドンとにせ結婚させ、彼を騙して仕返しをするのです。で、騙されたと気が付いたドンですが、エルネストとノリーナの結婚を許し、ハッピーエンド。

音楽も楽しいし、歌も早口言葉のような機関銃のような歌があって、秀逸でした。特に良かったのはドン・パスクワーレ役のバスバリトンのジョン・デル・カルロ。ジェームス・レヴァインの指揮する音楽も良かったし、幕間には舞台装置の転換の様子や、幕の後ろで合唱指揮の人がレヴァインの指揮に合わせてギターと合唱を指揮している様子が映ったり、と、舞台裏も分かってとっても良かったです。

良くなかったのは観客のマナー。私の数席隣の夫婦は勝手に席を替わって移って来たみたい。で、ナイロン袋をガチャガチャさせながら、飲み食いしているみたいなのね。多分外からの持込。ずっと煩かったのはポップコーン。普通の映画じゃないのだから、オペラにポップコーンは止めてくれ!それに、人の席に座っていたせいで、上演開始5分後くらいに遅れてきた人が、係りの人とやってきてそこは自分の席だと言っているのに対して「後ろが込んでいたから移ったきた」とかなんとか。歌の途中ですよ。普通の映画じゃないから遅れた人を案内した係りも係りだし、遅れてきた人も入り口近くの誰にも邪魔にならない席で休憩まで見るのがマナーだと思うんだけど、奥の席に遅れて入ろうとするなんてね。なんだか信じられません。

★これは日曜日のオケの練習の日のコーディネイト:
AA 619
11月の暖かかさということだったから、デニムで作った1作目の帽子をメインにしました。
AA 620
バッグもデニムのスカートをリメイクしたのを持っていきました。
AA 621
合わせるとそんなに地味ではないと思うのですが、練習では帽子は邪魔なので取るし、ピアスも左耳は外します。そのためか、チェロの同僚に「今日は地味ね」と言われてしまいました。

★そのため、昨日のライブビューイングの日は少し華やかなコーディネイトにしました。
AA 622
ポイントは帽子と黄色のコサージュとピアス。
AA 616
今年は帽子がメインのコーディネイトがマイブームです。
スポンサーサイト


  1. 2010/12/07(火) 06:05:57|
  2. 映画|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Information

HIROKO

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Other

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。