スポンサーサイト on --------


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

読書 on 2009-07-07


昨日広島から関東に移動して来ました。最寄の駅の直前でちょうど雨になりました。でも帰ってちょっとしたら止んでいます。間が悪かったです。新幹線はこの前クルーズを終えて広島に帰るときよりお客は多かったです。不景気に歯止めはかかったんでしょうか?

図書館の新刊書コーナーにこんな本がありました。2冊借りて読んでみました。
B 015

左の本は書かれたのは1994年なのでかなり古いです。図書館には最近入ったようですが。この前に英語教育について書きましたが、これは英語は早く始めれば始める方が良いというもの。(胎教にも。)ディズニーのキャラクターと一緒に歌とか歌いながら覚える方法らしいので、まあ、これもありかな?

右の本は作家の水村美苗さんのエッセイ集。彼女はこの前「日本語が滅びる時 -英語の世紀の中でー」という本も出している人。12歳で父親の仕事の都合で海外生活を余儀なくされて米国で教育も受けた方です。英語の環境になかなかなじめず、昔の日本の本を読んで過ごした特異な少女時代を送ったとか。日米どちらの文化にもうまく順応できなかった複雑な環境だったみたいです。なかなか思慮に飛んだ文章。面白かったです。

★今日の作品:
B 016
今日もナイロンオーガンジー。今回はグレー。これで計何個出来ただろう?首に巻くレイも頭に巻くレイもこれで大丈夫だ!
スポンサーサイト


  1. 2009/07/07(火) 05:29:49|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

コメント

日本人には外国の文化になじめない部分が必ずあります。少女時代にそういう経験をするといつまでも記憶に残るんでしょうね。読んでみたいと思います。
  1. 2009/07/08(水) 20:11:40 |
  2. URL |
  3. denden #-
  4. [ 編集]

子どもと英語

いろいろ考えるところはありますが、わたしはお稽古事としての赤ちゃんの英語には?小学校での英語教育は中途半端な量なら×(カナダのエマージョンとかなら別)

しかし、上海では英語教育はまっさかり。小学生によく通訳してもらった。あの子らの英語の学習量は半端じゃない。

わたしは12歳から英語をやったが、実際に使えると実感できたのは、学部の留学時代でもなく、院でももちろんダメで、米系企業でアジアに営業に出てから。なんでもいいから通じるじゃん、の感覚で、肝が据わってからかな。だから、早いからできるとか、遅いからダメとかいうのは、ない。自分のアクセントだって、別に流暢でなくても通じればいいし、通じたいことがあるのが大前提ね。

  1. 2009/07/08(水) 23:17:58 |
  2. URL |
  3. りおママ #-
  4. [ 編集]

英語

dendenさん、コメントありがとうございます。水村さんの本、考えさせられて面白いです。彼女は下手に若い子に英語を教えるのは反対。しっかり日本語で考える力をつけることが大事だという方向です。特に日本語のガラパゴス化(彼女がこういう言葉を使っていたかは分かりませんが)を心配しています。皆が英語英語と言っている間に、本当に思考する言葉としての日本語がなくなってしまうのではないか、って。

りおママ、
中国は言葉の面でも日本なんか目じゃないんだろうね。彼らはいくら英語をやっても、中国語も世界中で使われているから、自国語の中国語が亡国語となる心配ないからね。

通じたいことがあるかどうかは大前提は大賛成。別に流暢でなくてもいいんだけど、理性が感じられるアクセントや発音の最低限は身につけたほうがいいと思うんだ。麻生さんの英語なんか、私聞いて、なんか本当に下品な感じで聞くに堪えなかったもの。
  1. 2009/07/09(木) 05:43:27 |
  2. URL |
  3. HIROKO #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Information

HIROKO

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Other

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。