FC2ブログ

湯治旅行報告記 on 2008-01-25


湯治から帰ってきて2日。帰るのが少し遅かったら爆弾低気圧に遭遇していたかも。でもこっちに帰ってきても寒いです。一応簡単に湯治報告記。

良く考えていなくてラッシュアワーに合わせて出発したから大変。でもローカル線の乗り換えの古川には11時には着きました。これから陸羽東線で鳴子御殿湯を目指します。
DSCN0307.jpg

駅に着きました。雪景色。
DSCN0309.jpg

小さな商店街で坦々麺を食べてから宿に。こんな感じのお宿です。6年前の朝日新聞に「湯治宿よいもんだ」という記事が出ていて、仕事で超忙しかったときに見てずっと行きたかったのです。その記事は今も持っています。
DSCN0312.jpg

お部屋はこんな感じ。窓側の2畳ぐらいのところに小さな流しとガスコンロ。お部屋は6畳。古いけど綺麗にお掃除してありました。ただ贅沢な旅館とは正反対です。
DSCN0315.jpg

DSCN0317.jpg

宿泊代は1泊3700円。半自炊で朝晩ご飯とお味噌汁をお願いしていました。入湯税を入れて4270円。こんな食材を持っていきました。これにキャベツを買ってレンジでチンしたり出して貰ったお味噌汁に加えて嵩を増やしたり、あとお豆腐を買って湯豆腐にしたり、お昼はパンにコーヒー、りんごにしたり。結構楽な自炊で結局出前は取りませんでした。電話すれば部屋までいろいろ持ってきてもらえるらしいのですが。
DSCN0313.jpg

DSCN0314.jpg

移動販売車も来ました。パンやかき揚げを買いました。
DSCN0332.jpg

東鳴子温泉の町並みはこんな感じ。端から端まで15分も歩けばお終いって感じの本当に小さな温泉街でした。隣の鳴子温泉はもう少し大きそうだけど。誰も歩いていません。でも楽しくて1日1回は散歩しました。春や秋はもっと良いだろうと思いました。
街中。
DSCN0319.jpg

部屋から見上げると線路が。
DSCN0333.jpg

町の反対側の景色。
DSCN0326.jpg

部屋の暖房はこたつ。頼めば有料でストーブもあるらしいけど狭い部屋でストーブも面倒なので止めました。廊下には暖房がありましたけど、焚いても10度とか12度ぐらいにしかならないみたい。だから部屋の入り口の戸は開けておきます。まあもともと鍵はないのです。長逗留の客だけだし、外湯の客は取らないので盗難などはおきません。朝は時々水道が凍ったそうです。私も流しから朝お水を飲もうとコップに入れたら瞬時に凍りました。干していたタオルも凍っていました。
DSCN0328.jpg

寒くなったらお風呂にどぼん。1日に5回ぐらいは入りました。男女に分かれたにごり湯のお風呂とそれとは別源泉の混浴があります。こちらは無色透明。東北の温泉はご夫婦とかどちらかが介護が必要な人が湯治に来ることが多く、それだと絶対に混浴がないといけないんだって。1回私も入ったら男の人が入っていました。あまり広い浴場ではないけど目が悪いからなんだかよく分からなかったけど。にごり湯のほうが雰囲気があるので私はそのあとはもっぱら女湯。湯船は2メートルX2.5メートルぐらいかな。小さいけど宿泊客は計7、8人ぐらいなのでほとんど一人でした。会ったのは他に1人だけ。

コタツには入りなれていないので最初は戸惑ったけど座布団を重ねたりして工夫しました。文庫本を7冊読みました。読みやすい赤川次郎、宮部みゆき、江国香織とか。他には1日30分ぐらいの散歩。でもほとんど運動はせずもっぱらお風呂でリラックス。

肩こりは少しは良くなったみたいです。宿のご主人が肩こりに良いと教えてくれたのは温泉の入り方ではなく、「よくかんで食べること」。頑張って一口食べると20から30回噛む様にしました。この習慣は出来るだけ続けようと思います。

体重はほんの少し増えました。今日サーキット・トレーニングに行ったら0.4キロ増えていました。プリンセス・プロジェクトはスタート時比0.5キロマイナス。元に戻らないように頑張ります。

家族だけで運営している過ごしやすい温泉でした。自炊専門宿なので気兼ねないし。またもう少し暖かいときに行ってみたいと思います。
スポンサーサイト





  1. 2008/01/25(金) 20:20:06|
  2. 旅行|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

コメント

おかえりなさい。いいなぁ。いつか一緒に行こうね。炊事はわたしに任せて~、なんてのは、邪道?食べ過ぎるかも!!肩こりはやっぱり姿勢が一番関係あるんじゃないかな。会社ではラップトップを使うときにもマウスを必ず使うように新しいルールが出来ました。
  1. 2008/01/26(土) 17:51:23 |
  2. URL |
  3. りおママ #-
  4. [ 編集]

いつか行こうね!

うん、古くて新しい湯治。ゆっくり湯治なんてゆうのが忙しい人には本当に夢の休暇だよ。いつか一緒に行こうね。ここは大正元年に創業の古ーいお宿だけど、少し綺麗な所ではこんな所もあるみたい。板室温泉の大黒屋。アートの展示してあるおしゃれなお宿だそうで、別棟には温泉付プライベートルームがあるそうです。
http://www.itamuro-daikokuya.com/inn/index.htm
大人数で行くともの凄くお手軽です。イラストレーターの人がブログで紹介していました。

今日は本当に寒かったです。また肩こりになるよ。そうか、会社の命令でラップトップにもマウスね。パッドを使うよりマウスの方が肩を丸めないからなの?でも打ち込むときにはやはり丸まるような。お風呂上りにストレッチしています。
  1. 2008/01/26(土) 18:53:33 |
  2. URL |
  3. HIROKO #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Information

HIROKO

09月 « 2019年10月 » 11月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Other

Search