スポンサーサイト on --------


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 27 on 2012-04-29


4月28日

日本ではゴールデンウィークが始まりますね。飛鳥IIの船上では今日が何日で何曜日なのか忘れそうな感じです。4月29日の南アフリカのポートエリザベスに向けて航海を続けています。27日の夜は揺れてダンスタイムも中止になりましたが、28日はまだ大きなうねりはありますがなんとか持ち直しました。

この日もいつも通りのスケジュール。目新しいものは○×クイズぐらいでしょうか。作家の平岩弓枝さんの最後の講演がありました。「私が出会った人たち」という題で、作家の長谷川信(漢字はこれで良いのかよく分かりませんが)さんに弟子入りしたときのエピソードや先生の最後の入院生活でのふれあいなどをほろりとさせる語り口で語ってくださいました。少々時間超過しましたが、さすがに話の組み立て方は上手かったです。夜のショーはアフリカンダンス。解説がなかったので、どういう内容かよく分からなかったのは残念でしたが、パワフルでした。
太鼓のリズムは欧米とかの音楽や当然日本の音楽とも違い独特。手拍子も難しかったですが、はちきれんばかりの筋肉の乱舞は流石でした。(私は前日のアフリカダンス教室の影響か首が少し痛いですけど。)

4月29日からはこのワールドクルーズでは初めて船を離れて3泊4日のオーバーランドツアーでビクトリアの滝とチョベ国立公園に行ってきます。水量の多い滝と野生動物に逢えるのを楽しみに行ってきます。

数日間ブログはお休みです。

スポンサーサイト

  1. 2012/04/29(日) 07:52:33|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 26 on 2012-04-28


4月27日 揺れてきました

この日も一日航海日。日中は揺れはありましたが、そこまでの揺れではなく平穏に過ぎました。いつもどおり朝からラジオ体操、気功、和太鼓教室、ダンス教室、ウクレレ教室などをして過ごしました。アフリカダンスチームによるアフリカンダンスのハードなクラスもやり、4時からのダンス教室はタンゴでした。

夕食前の7時からのショーの頃からかなり揺れてきました。この日のショーはポーランド出身のヴァイオリニストのラファエルの2回目のコンサート。揺れの中で足を踏ん張って弾くのは大変そうでしたが、なんとか無事に弾き終えました。
楽しかったです。

私たちの2回目の夕食が終わる頃には揺れはだんだんひどくなってきて、夜のダンスタイムも中止になったそうです。もともと揺れが大きいのと、カジノで特別企画があってそちらに行こうと思っていたから、ダンスをやるつもりはなかったのでちょうど良かったです。慣れてきたのかそんなに私は揺れが気にならないし、酔い止めも飲んでいません。ダンスが中止になったのはこの航海初めてです。

時間に遅れてしまったし、人数が多かったのでできませんでしたが、マリン柄の巾着作りが人気でした。

もう一日航海日のあと南アフリカのポートエリザベスに入港します。南アフリカにはもう一つケープタウンにも寄ります。この間の日程で250人ぐらいの人がビクトリアの滝やチョベ国立公園に野生動物を見に行くオーバーランドツアーに出かけます。このクルーズの前半のハイライト。私も行ってきます。



  1. 2012/04/28(土) 08:15:00|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 25 on 2012-04-27


4月26日

この日も一日航海日です。大きなうねりがあって引き続きかなり揺れていますが、神戸に向かう時に念のために酔い止めを飲んだ以外は薬なしで頑張っています。
もう慣れた感じです。

毎日いろいろなイベントがありますが、4月26日はインフォーマルの日。ショーはテノールのクリス・リギンズさんの2回目の公演で少しお洒落をした乗船客にはぴったりの感じでした。お誕生日会をインフォーマルに合わせてやるお客様も多くて私の友人も呼ばれて出かけていきました。どうせやるなら皆さんがお洒落なときのほうが良いですからね。お誕生日会は大体テーブルで飲み物と最後に撮る写真屋さんの写真を呼んだ方が持つことが多く、呼ばれた人はそれに見合うぐらいのプレゼントを持っていくのが恒例だとか。船からはバースデイケーキが出ますが、普通夕食にはデザートは付いてくるので、有り難味はそんなにないかな?

ダンス教室の午後の部には乗り込んでいるBS朝日の「世界の船旅」の取材のカメラが入りました。この番組で飛鳥IIの世界一周は秋から冬にかけて多分3回放送されるようです。

そのほかにも飛鳥IIでは撮影スタッフがビデオでいろいろ撮影していて、部屋のテレビのエンターテインメントチャンネルで随時放送しています。ショーやドナルド・キーンさんとかの公演もシアターからライブ中継されたり、あとで放映されるので、わざわざシアターに行かなくても部屋で見ることが可能です。これは他の船ではやっていないです。寄港地案内もテレビで行っていて、お昼の間に説明会はないので(オーバーランドとか長いツアーは別)時間の節約になって良いです。

26日もアフリカンダンスタイムが有りました。27日にもあります。アフリカダンスグループが南アフリカのポートエリザベスまで乗るので、それまではアフリカムード一杯です。


  1. 2012/04/27(金) 07:22:09|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 24 on 2012-04-26


4月25日 アフリカンデッキディナー

飛鳥IIはモーリシャスのポートルイスを出発してまた航海日が始まりました。
前日のシュッコウパーティでもアフリカのダンスチームが参加して大盛り上がり。寄港地の観光を合わせて少し疲れ気味の人も多いところに、また波が少々あります。

そんな中、毎日毎日いろいろ企画してくれるので乗船客も大忙し。この日は夕方5時半からアフリカンデッキディナーがありました。モーリシャスを過ぎてレ・ユニオン島を通り過ぎ、マダガスカル沖を航海中なのでアフリカがテーマ。思ったより涼しい曇り空で風の強い中プールサイドと室内のリドデッキに、ブラックタイガーのグリルやパエリャ、北京ダック、果物などいろいろな多国籍料理が並びます。ナマナというフィリピンから来たバンドの演奏を聴きながら食事。途中で皆でダンスもいつものようにありました。7時からは先日パワフルな歌声を聞かせてくれたクリストファー・リギンズさんが1曲歌ってくれ、その後はセネガルのアフリカンチームの太鼓と踊り。最後には皆で踊りました(このために午後30分アフリカの踊りの練習時間がありましたよ)。

飛鳥IIは今迄乗った船以上にいろいろな企画が大掛かりであるようで楽しいです。

午後のお茶の時間は八つ橋総本店の菓子職人による生八つ橋やくず餅のエレガント・ティ・タイム。丁度歌手のクリスさんに会ったのでお菓子を勧め、葛餅は木の根っこから作ることなど説明しました。

今週発売の週刊新潮に橋田さんのインタビューが載ったとか。お友達と一緒に乗っていらっしゃいます。時々ダイニングでお見かけします。人間観察が面白いとインタビューで言っていたとか。はい、私もいろいろな人がいらっしゃるので勉強になっています。




  1. 2012/04/26(木) 06:56:02|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 23 on 2012-04-25


4月24日 モーリシャスのポートルイス入港

飛鳥IIは予定より30分遅れて24日朝7時半モーリシャスのポートルイスに入港しました。朝方雨が降ったため、入港時には虹がかかっていてとても綺麗でした。
ただこの時期はそんなに雨は降らないらしいのに、なんだか変わりやすい天気で、出かけるときも雨。直ぐ止んで晴れてまた雨という感じでした。

この日は対面の入国審査がありましたし(とても簡単に済みましたが)、皆さんが観光に出かけるために朝食も朝6時から用意されていました。

私は午前中の半日観光。18人ずつの小型バスで英語ガイドのツアーでした。植物園を1時間ぐらい観光し、少し高台にあるアデレード砦に行き、あとは車窓観光をして帰るツアーで11時半前には帰ってきました。蒸し暑かったし、雨も少し降ったけれど、植物園は楽しかったです。高台から飛鳥IIが見えましたが、もやっていたし、船のお尻の部分しか見えなかったのは残念。

お昼は天むすおにぎりと鮎の干したものと豚汁。

午後はシャトルバスで数分のウォーターフロントのショッピングセンターに行き、ジャムやお茶を買いました。そこのお店の人に教えてもらって、美容院にたどり着き、髪を切ってもらいました。シャンプーしたあと、ひいおじいさんがスコットランドからやってきたという60歳ぐらいの女性がカットを担当。アメリカドルで払えて、15ドルでした。それにチップで計17ドルくらいになりましたが、飛鳥IIのサロンで切ると6000円ぐらいはすると思うので安上がり。それに旅の思い出です。おつりで貰った現地通貨は、美容院を教えてもらったお店に戻って、バナナチップスなどを買いました。

ポートルイスは小さな島ですが、インド系やイスラム系、アジア系、ヨーロッパ系など沢山の人種がいて、フランス語と英語が公用語。ヨーロッパの人にとってはハワイのようなところだとか。ハワイというよりもう少しごちゃごちゃした感じでしたが、なかなか面白いところでした。サトウキビを沢山作っていて、ラム酒が名産です。

夕方4時半に出港。セイルアウェイパーティが11階のプールサイドでありました。この港から乗り込んできたアフリカ音楽のパフォーマーのグループの男女が加わって、大変ダンスも盛り上がりました。一度お風呂に入っていたのにまたお風呂に逆戻り。

夕食は珍しく中華でした。



  1. 2012/04/25(水) 06:51:11|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 22 on 2012-04-24


4月23日 カジノナイト

飛鳥IIは4月24日のモーリシャスのポートルイス入港に向けて順調に航海を続けています。多少揺れはありますが、前日よりは収まってきました。

毎日いろいろなイベントのある終日航海日。4月24日のイベントはカジノナイトでした。毎晩6階のモンテカルロというカジノ(日本船なので本式の現金を賭けるカジノとは違いますが)でカジノは開催されているのですが、行ったことのないお客様も多いのです。それで5階のダイニング前のアスカプラザにルーレット、ブラックジャックや、その他にさいころの目やぐるぐる回る回転数字の数字を当てるゲームを設定して、船主催のカジノが行われました。参加券を持っていくと一律20枚のチップがもらえます。その上、この日のテーマは007のゴールドフィンガー。白、黒、金色の服を着ていった人には10枚余分にもらえます。
これはアクセサリーや時計でも大丈夫。おまけにお昼の間にその3色が入ったブローチを作る教室も開かれました。私は30枚のチップが最終的には85枚になって飛鳥のキーホルダーを貰いました。ディーラーは船長や機関長、ホテルマネジャーやクルーズディレクターなど。楽しかったです。

先日のショーでパワフルな歌を披露してくれたアメリカ人歌手のクリストファーさんと少し話をしました。日本船は初めてだとか。料理は初めての物が多くて、慣れないけれど、見た目とかとてもきれいで美味しいと言っていました。お昼に食べたたこ焼きと焼きそばが気にいったも。朝に食べた大豆のおしょうゆをかける料理はなんだ?と言っていたので「納豆という伝統的な日本の食べもの」だと説明しておきました。カジノナイトの説明もしておきましたが、エンターテイナーは参加できないとかで残念そうでしたが、楽しそうに見ていました。

4月24日はポートルイス入港です。ここは入国審査が対面審査なのでまた朝が早いです。そのため23日は夜のダンスタイムとかは止めて早くお休みしました。


  1. 2012/04/24(火) 07:23:22|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 21 on 2012-04-23


4月22日 2回目のフォーマルナイト

インド洋を航海している飛鳥II。この海域は水深も3千メートル以上。大きなうねりがあって波が2.5メートルぐらい。かなり揺れています。この揺れは南アフリカまで断続的に続く予想。南アフリカから南米までも普通はかなり揺れるみたいで、さてどうなりますか。でも揺れにも慣れてきて、最初に神戸到着まで大阪湾を9周していたときに念のため酔い止めを飲んで以来薬のお世話になっていません。船のイベントのダンス教室も揺れに気をつけながらですが午前午後両方ありました。

さて最初のフォーマルナイトから2週間少々。4月22日には2回目のフォーマルナイトがありました。1回目はショーを行うギャラクシーラウンジに船長のお出迎えで入場し(写真撮影タイムあり)、プロダクションショーを少し観てシニアスタッフの紹介がありました。このスタイルのフォーマルナイトはフェアウェルパーティで行われるので、その間のフォーマルナイトは11階のパームコートでカクテルとダンスタイムになります。食事の45分前から30分カクテルを頂きながらバンドの演奏を聴いたり、船長や船医、シニアオフィサーやスタッフ、ダンスの先生などとダンスタイムを楽しむ事が出来るのです。こんなフォーマルナイトはスペースが限られているにっぽん丸ではなかったので、華やかで楽しかったです。ロングドレスが裾を引きずるタイプだったので難しかったですが、一応数曲踊ってもらいました。

このフォーマルナイトやインフォーマルはクルーズの時々にあって、皆さんの気分転換にもなるみたい。早くから美容院の予約を入れて、着物を着た方も多かったです。最近1回だけのショーも2回あり、ポーランド人のラファエルさんというヴァイオリニストがアスカオーケストラとピアソラのリベルタンゴやチャルダッシュ、ヴィヴァルディの四季の冬とかを賑やかに演奏。なかなか良かったです。



  1. 2012/04/23(月) 07:28:57|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 20 on 2012-04-22


4月21日 県人会

飛鳥IIはモーリシャスに向けて2日目の航海日です。インド洋のセーシェル沖あたりを航海しています。海原に白い鳥が結構飛んでいるので魚は沢山いるのかな。水深は2千メートルもあるようです。大きなうねりがあって多少揺れています。疲れも出て来るころなのか少し体調の悪い人もいるみたい。やはり楽しい世界一周で最初にはしゃぎすぎたりするのでしょうね。私は3年前の南洋・南米のクルーズより活動の時間を抑えて無理をしないようにしています。

この日は午後1時から県人会が開かれました。船内7箇所に分散して30分ほどの顔合わせ。私は住んでいる県ではなく出身の県のに参加しました。12人ほどの人がいて名刺交換などして少しおしゃべり。今までほとんど顔を見たことの無かった人もいらっしゃいました。船内は広いし、活動の範囲が違うと会わない人には会いませんからね。

食事は朝食は11階のリドデッキで毎朝気功のクラスが終わった7時50分ころ食べています。日常がパンとコーヒーの生活なのでやはり洋食の方が良いみたい。
温野菜も食べられるし。和食が良い人も11階には御飯とお味噌汁に煮物などのコーナーもあるので5階のメインダイニングで和食を食べなくても大丈夫なようです。(まあそれでも5階の和食が人気でそのあと11階にフルーツを食べに来る方が多いみたい。)

昼食はインド洋を航海ということでカレーブッフェでした。インド風のチキン・ラム・海老カレーやほうれん草のカレーがありました。

夕食は和食。エビフライも出て、デザートには聖護院八ツ橋本店の和菓子職人が作った桜の和菓子(ニッキ味)が出ました。ダイニングの入口で実演もありました。(まあ、空飛んでやってこられたほどの感動の味ではありませんでしたけれど、美味しかったです。)

コンサートはクリストファー・リギンズという男性歌手のコンサート。声量もあるし、楽しい演出で盛り上がりました。英語しかしゃべらないので、途中の自己紹介や歌の紹介がほとんどのお客さんに伝わらなかったのは残念でしたけれど。
今までのショーは少し盛り上がりに欠けたので、このコンサートは良かったです。



  1. 2012/04/22(日) 09:35:11|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 19 on 2012-04-21


4月20日 赤道祭

飛鳥IIはモルディブのマーレを出港してモーリシャスのポートルイスまで4日間の航海日が続きます。まだ海賊対策のホースが7階のプロムナードデッキには設置して有りますが、波も比較的静かで通りかかる船もほとんど見当たらない静かな航海です。11時前にイルカが見えるとの放送がありましたが、見つけることが出来ませんでした。

この日はインドのコーチンから乗船してきたドナルド・キーンさんの1回目の講演がありました。「日本文学と私」という題で、日本や日本語に興味を持ったきっかけや戦時中に海軍の通訳として勤務した経験とか京都に留学した時のこととかのお話でした。あと2ヶ月で90歳とか。お付きの人2名がつきっきりです。

にっぽん丸で南洋・南米の旅をしたときも赤道通過のお祭りがあって、その時は乗船客10数名が参加する劇がありました。飛鳥IIではエンターテインメントスタッフやシニア・オフィサーが総出の赤道祭が7時から30分間プールサイドで行われました。海の神ネプチューンに赤道通過の許可を受ける為に花嫁候補を紹介し、最後は通過の許可が下りて、船長以下シニア・オフィサーがメレンゲケーキを顔にぶつけられプールに突き落とされます。カクテルのサービスもあって楽しかったです。私は一応その時々のイベントに合わせて服装を考えているのですが、この日は紅絹で作った着せ替えヨーヨーキルトのチュニックと髪飾り。真っ赤な紅絹が赤道をイメージです。

赤道通過時間のクイズもあって私も予想して、結構近かったのですが(5分違いくらい)、でも二アピン賞の人は1分違い。私みたいな当てズっポと違ってちゃんと計算したのだとか。

今回の世界一周は平均年齢は71歳だとか。20日近く(クルーズの5分の1)が既に過ぎて、少し疲れが出てきている方も多いのか、風邪引きの人もいるようです。私も元気だからと過信せず昼寝もするようになり、20日は午後2回少し寝ました。体重が気になるところですが、動いているからそこまで増えていないかもしれません。なにせ、体重計は揺れがあると正確に分からないので計っていません。



  1. 2012/04/21(土) 09:28:52|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 18 on 2012-04-20


4月19日 モルディブのマーレ寄港

18日の5時にはマーレ沖に錨泊していた飛鳥II。マーレには8時ごろからテンダーボートによる上陸が許可になりました。対岸にはモルディブの旗がはためいていて、大統領府や国防・警察施設が目の前です。リゾートアイランドという印象が強くてみんな水着で歩いているような所かと思っていましたが、イスラム教の国なので女性は肌をあまり露出させないようにとの注意が船の方から事前にありました(日本人は真面目に守っているけれど、他の外国人旅行者はタンクトップ姿の人もいましたね)。あと警察や軍事施設は写真撮影禁止でした。歩いているのも男性が多かったです。女性は黒いブブカを着ている人が多く、白い制服を着た中学生も見かけました。

港のすぐそばに魚市場や野菜市場がありました。魚はかつおやさばみたいなものや、サメみたいに大きなものも。商売人の様な人が買いに来ていましたが、氷はなし。すぐにさばかないと駄目ですね。鰹節の加工も盛んなようで、店先やお土産物屋で鰹節を見ました。野菜市場ではバナナや変わった果物も沢山。スクールバインという果物は薬の役割もするそうで妊娠中の女性のむくみによいとか。少し食べさせてくれました。

お土産物屋で一緒に行った人が買い物をするのに付き合った後は街を散策。うるさいくらい日本語で話しかけてきます。「うちの店が安いよ、見て行ってよ」って。一度にこんなに日本人が来ることがあまりないからでしょうが、付き纏いすぎ。そうでなければ、見てなにか買ったかもしれないのに。

博物館に寄って(お祈りの時間になると閉まると言っていました、ドルが使えて5ドル)、大統領府やイスラム教の墓地などを見ながら通船のところまで帰ってきました。途中警察のところで衛兵の交代式のようなものをやっていましたが、立ち止まって見るのもだめだと言われました。

髪の毛が伸びてきたのでリゾートで美容院とかがあれば切りたいと思っていたけれど、イスラム圏で男社会のマーレでは無理。途中1軒見かけたのも男性専用らしい理容院でした。

蒸し暑くて大汗です。ぎりぎりお風呂に間に合うお昼前に帰ってきました。午後は1時間半くらい昼寝をしました。



  1. 2012/04/20(金) 07:27:16|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 17 on 2012-04-19


4月18日

赤道に段々近づいていて、赤道通過の時間を当てるクイズの投票が始まりました。
4月19日の夜までに投票箱に入れます。船内も冷房は効いていますが結構暑いです。輪投げタイムでゲームをやったり(こういうゲーム、年配の方も結構夢中になっています、ある程度参加したらあとはパスしようかな?)、ダンス教室に出たりすると汗だくになります。各階にあるセルフランドリーも混んでいるみたいです。私は横浜から乗船して直ぐ洗濯機で洗って部屋に干した以外は今の所手洗い洗濯で頑張っています。食器を入れる洗い桶とおしゃれ着洗剤を持ってきたのです。ただ洗剤は詰め替えを含めて2個ですが、もう1個の3分の2は使ってしまいました。なくなったらセルフランドリーの洗剤を貰ってくるか、どこかで買わないといけないかもしれません。ません。自分で絞って浴槽の上に掛けておいて、ぽたぽた落ちるのが止まったら、部屋のほうに掛けます。乾燥防止にもなります。

飛鳥IIは海賊を避けるために速力を落とさずにマーレに向けて航海し、予定の前日18日の夕方にマーレ沖に鋲泊しました。私達の上陸は4月19日の朝になります。

リゾートのモルディブに来ているので、夜の7時から7時半までトロピカルダンスパーティがありました。コーチンで仕入れたチュニックブラウスがカラフルでぴったりなので早速着ました。飛鳥IIはエンターテイメントスタッフを中心に踊るイベントが沢山あって、このトロピカルダンスパーティでもマンボやジルバのほか、フラダンスやダイアナなどたくさんの曲を皆で踊って汗だくです。お陰で配られていたカクテルを飲む暇もなし。もったいないことです!

そのほかにはいつもの日課のラジオ体操、気功、ダンス教室。輪投げタイムにも出たり、エアロビクスもしました。30分のウクレレ教室もありました。なかなか忙しいです。


  1. 2012/04/19(木) 07:34:26|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 16 on 2012-04-18


4月17日 インドのコーチン寄港

この日の早朝6時前飛鳥IIはコーチンに入港しました。インドでは対面でのパスポート審査があるので朝食は6時半から食べることができます(普段は7時から)。そして7時から午前中にツアーに出る人から順に6階のクラブ2100で対面審査です。でもパッパッと進んであまり時間はかかりませんでした。8時10分頃にはすべて完了。

午前中の半日観光は8時半集合でバス5台(28名乗りぐらい)。他には川をボートで遊覧するツアーなどありました。出口では男性の音楽隊と大きな象がお出迎え。象はさっそく大きなう○ちをしておりました。

観光で立ち寄ったのは16世紀頃に立てられた古いオランダ総督監督府のダッチパレス、川に12世紀頃から伝わる中国式のフィッシングネットという木組みの魚取りを仕掛けている所、それからバスコ・ダ・ガマの墓石がある聖フランシス教会です。いつもより気温は上がっていないという曇りがちな天気でしたが蒸し暑くて、外に出るたびに汗だくです。車窓からはインドらしい三輪車やオートバイ、サリー姿の女性などを見かけることが出来ました。帰りがけにトイレ休憩代わりにお土産物屋に寄って買い物(服を2枚買いました)。11:45に帰ってきて、12時までのお風呂に滑り込み。ちなみにコーチンには日本語が出来るガイドがいないのでコーチンのガイドが英語で話すのをデリーからやってきた日本語が出来るインド人男性が通訳する形式でした。地元ガイドの説明以上のことを先走って説明するので彼女ちょっとむっとしていました。この先は英語ガイドしかいないところもいくつか出てきます。

お昼を食べた後は映画を見て少し昼寝。お昼の間はインドの係官がずっと乗っていてランチなども食べていました。午後5階の受付前には係官の子供たちも訪船して記念撮影中。客船が来るのはそんなに数多くはないでしょうからこの機会に家族も呼んで一大イベントですね。

飛鳥IIは18時にコーチンを出港しました。コーチンで女性4人グループのXUXUが下船。船内で日本文学者のドナルド・キーンさんを見かけました。デリー経由でやっていらしたみたいです。夜はアメリカ人の尺八と日本人のギタリストのデュオのZUIの2回目のコンサート。ギタリストは原信也の息子の原とも也。とてもよかったです。

夕食は和食。ダンスを少しとカジノもやって盛りだくさんの一日。また30分時間調整をするので夜も若干余裕でした。



  1. 2012/04/18(水) 07:44:33|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 15 on 2012-04-17


4月16日

飛鳥IIはコーチンに向けて航海中です。朝のラジオ体操のときに右舷側に大きな島が見えました。スリランカが見えたみたいです。あとは特に変わったことの無い航海日。

目新しいのは食事かな。お昼はラーメンにチャーハンでした。夕食はこの航海初のイタリアンディナー。お昼にパスタはありましたが、夕食にイタリアンは初めてです。ウェイターさんもイタリアの国旗をイメージしたエプロン姿です。

ゲームでは○×クイズがありました。船や寄港地にちなんだクイズを当てていき残った人にアスカドルがもらえます。このアスガドルはいろいろなゲームでもらえて、これを集めるとハンドタオルなどの記念品に交換できます。私は前日の飛鳥祭りのよさこい踊りの参加賞で30ドルもらいました。

星座教室が2時からあり、本来なら夜星座観測会が行われる予定でしたが、雲が多い為延期になりました。まだ南十字星を見ていないので、楽しみにしていたのですが残念。まだまだ南十字星は見えるようなので、また快晴の夜に期待しましょう。

ダンス教室はスクウェアルンバとワルツ。前日習ったタンゴは教室ではうまく出来た気がしていたのに、夜先生と踊ってもらってもうまく出来なくて、やはり付け焼刃ではうまくなりませんね。

明日はインドのコーチンに早朝入港します。


  1. 2012/04/17(火) 06:41:04|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 14 on 2012-04-16


4月15日 飛鳥祭り

飛鳥IIはインドのコーチンに向かって順調に航海しています。朝の船長の放送でコーチンの入港時間が少し早まって朝の5時半になったこと(これは今コーチンの港の拡張工事をしていてその影響)、それにモルジブのマーレの入港も前日の6時になったこと(これは海賊の出る海域が広がっているためスピードを落とさずに行くため)との連絡がありました。ただマーレは前夜に入港しても上陸できるのは予定通り翌朝なので、乗船客には影響はありません。

この日は飛鳥祭りの予定なので、午後2時から踊りの練習もありました。美空ひばりのお祭りマンボに振り付けをしたものと函館のイカ踊りを皆で踊るのでそれの練習です。

他にはいつもどおりのラジオ体操、気功、太極拳教室とダンス教室。ダンス教室はマンボとタンゴ。タンゴは思いのほか順調に進んでいて、24歩までステップが進みました。船で習い始めたダンスですが、初めてのロングクルーズの3年前はまるで初めてであたふたしていましたが、今回は少し余裕があります。頑張ります!

気功は今まで朝と午後出ていましたが、頑張りすぎると後半にばててしまうかもしれないので、止めてその代わり昼寝。昼寝の後エレガントティタイムで11階のパームコートで日本茶にスイートポテト、和菓子(ひよこみたいなお菓子)を頂きました。おやつを食べたのは3回目かな。

飛鳥祭りは7時から7時半。食事は2回制なので、1回目のお客様は夕食が終ってから、2回目の私達は祭りが終ってからです。汗だくですが、この日はドレスコードも祭りの衣装OKなので、よさこい鳴子踊りのはっぴと鉢巻でも大丈夫でした。

さてお祭りは最初に美空ひばりのお祭りマンボを飛鳥のスタッフが振付けたものを皆で踊り(私達は次の出演に備えてスタンバイ)、それから4大祭りのパレードです。最初は私が出たよさこい鳴子踊り。この踊りは結構振り付けが難しいのでダンス教室の後とかに自主練習を重ねました。カスタネットのような鳴子を持ってプールサイドを一周踊りました。その後は船の男性スタッフによる秋田の竿灯。そのあとは阿波踊りと青森のねぶたのはねと踊りです。クルーズディレクターのボブ田中さんともう一人がねぶたの人形に扮して山車の上に乗って練り歩いていました。おかしかった!その後はお客様全員参加の炭坑節とイカ踊り。華やかにお祭りの30分はあっという間に終わりました。

この日も30分の時刻改正があります。これで日本との時差は2.5時間になったと思います。日本のことは共同ニュースの新聞が船内数箇所にあるし、夜部屋にも入りますし、一日遅れの読売と毎日新聞(ファックスで届くのかな?)が図書館やパームコートにおいてあるのでそれで一応チェックできます。まあ、浮世を思い出す必要もないのであまり一生懸命は読みませんけど。


  1. 2012/04/16(月) 07:21:21|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 13 on 2012-04-15


4月14日 フルーツブッフェ

飛鳥IIでは航海日の朝の8時50分に船長から航海情報の放送があります。4月14日はマラッカ海峡を通り抜けてアンダマン諸島の南をインドのコーチンに向って順調に航海しています。さてこの日はあのタイタニック号が沈んでから100年。そのことも船長はお話していました。

3日の航海日が続くので、船内ではいつものラジオ体操、気功、ダンス教室などがありました。新しくあったのは太鼓教室。4月15日に飛鳥祭りが行われるのでそれもあっての企画です。ドドンガドン タカタッタという単純な音頭を叩くのですが、皆さん意外に苦戦。両面を2人で叩き、息を合わせないといけないので余計に難しかったです。

2時半から11階のプールサイドとリドデッキでフルーツブッフェがありました。ナマナの演奏に合わせて歌や踊りもありましたが、なんといってもメインはドリアン。生のドリアンって初めて食べました。においは強烈ですが、濃厚で美味しかったです。ドリアンはプールサイドでしか食べてはいけません。他のマンゴスチン、アップルマンゴー、スターフルーツなど10種類以上の果物は涼しい室内に用意されていました。食べたことの無いものばから6種類ぐらい食べて満足。
スタッフもパレオにカラフルな麦藁帽子で各所を回り、写真を撮ってくれたりして盛り上げてくれました。

今までよりは少し大きなうねりに乗って少し揺れがありますが、皆さん元気に一日を過しています。夜は尺八(アメリカ人)とギター(日本人)のコンサートです。


  1. 2012/04/15(日) 09:14:47|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 12 on 2012-04-14


4月13日 プーケット寄港

4月13日早朝飛鳥IIはプーケットの沖合いにやってきました。私はお風呂に入った後6時20分ごろから12階で船長がパイロットと操船をしているのを見学。向きを変えてお尻から本当にゆっくり入って行きます。7時入港の予定でしたが、タグボートの不都合とかで少し遅れて7時40分に着岸しました。

この日はタイのお正月の水掛祭りのソンクランです。祭りの初日ということで交通渋滞が予想されていて、着岸も遅れてどうなることかと思いましたが、ツアーの出発時間には変わりがなくてよかったです。朝から良い天気。

私はこの前のシンガポールでゴージャスな空中プールのツアーに行ったので、有料連絡バス20$でお買い物に行くツアーにしました。プーケットもタクシー組合の力が強くて無料のシャトルバスは運航できないのだそうです。連絡バスですが、途中にカロンビーチを車窓から見学して、おみやげ物屋で1時間の買い物タイム(トイレ休憩も兼ねて)、その後街の中心のプーケットタウンに向かいます。この水掛祭りは道行く人皆にバケツや大きなタライ、水鉄砲で水を掛けるのです。
車の上にタンクを積んでそれでバイクや車の人にも水を掛けています。バイクには2人3人乗りは当たり前。家族5人で乗っているのも見ました。ピックアップトラックの荷台にも人がいっぱい。街中の時計台に近いデパート前で降ろしてもらって、1時間の自由時間。その間に水掛けを見学。折角だから洗面器で水を掛けさせてもらったらお返しに掛けられて水浸しになりました。でも楽しかった。びしょぬれのまま乾かしながら写真を撮り、集合時間の前にココナッツジュースを30バーツ(60円くらい)で買って(その場で割ってくれます、冷えていて美味しかったです)バスに乗って帰りました。帰ってきたのは1時半。ダイニングが2時まで開いていてなんとかお昼にあり付きました。片付けてお風呂に入ってアイスクリームやクッキーを食べたところです。

このまま昼寝をして、夕食とその後のゴーゴータイム(ディスコタイム)に備えます。



  1. 2012/04/14(土) 07:42:47|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 11 on 2012-04-13


4月12日

シンガポールを出発し、4月12日は一日航海日。マラッカ海峡を通過しています。タンカーが結構います。一応海賊対策で7階のプロムナードデッキにはホースなどが準備されていたみたいです。にわか雨(船の用語でシャワー)が時々あって、雲行きが怪しかった以外は揺れも無く平穏な一日でした。

飛鳥では名物講師の石橋先生の歌声教室がありました。「故郷」「おぼろ月夜」「月の砂漠」など6曲をみんなで大声を出して歌います。その合間に曲の解説やお話付き。先生は他にも星座教室も担当されるとか。そろそろ南十字星も見えているそうですが、まだ確認はしていません。

他には15日の飛鳥祭りの練習がありました。私はよさこい踊りのチームに参加するのでその踊りを練習。よさこい以外は阿波踊りとねぶた踊りです。いつものメニューのラジオ体操、気功、ダンス教室を消化。他にも講演会もありました。

この日のドレスコードはインフォーマル。皆さんちょっとおしゃれして洋食の夕食です。コンサートは女性アカペラカルテットのXUXU(シュシュと読みます)。まあまあかな。自己紹介とかのおしゃべりが長すぎたのはいまいち。

地震がスマトラ沖でありましたが、津波警報も解除され、飛鳥IIは予定通り13日にプーケットに入港予定です。


  1. 2012/04/13(金) 07:25:13|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 10 on 2012-04-12


4月11日 シンガポール寄港

4月11日は2番目の寄港地のシンガポールに入港しました。予定では8時のはずでしたが、7時数分前には到着。セントーサ島に行くゴンドラのすぐ下のクルーズターミナルに入りました。とても便利な場所。シンガポールの入国にはパスポートの本体が必要なので、それを持って外出の時に入国審査を受けました。

観光や出張で何回もここには来ているので、取ったツアーは2010年に出来たマリーナ・ベイ・サンズの57階の空中プールに行くツアー。このプールは宿泊者しか入れないので、ホテルの部屋を取らないといけません。なのでかなり割高ですけど、まあこういう機会でないと行きませんからね。まず部屋に入り、バスローブを水着の上にひっかけてエレベーターでプールに上がります。エレベーターも部屋の鍵を差し込まないと、57階には行けない仕組みでした。

プールは本当に水の先が空中に浮かんでいて、その先にビル群が見えるような設置。びっくりするような景色でした。ここで写真を撮りながら泳いで、そそくさと切り上げ、部屋でシャワーを浴びました。折角だからホテル探検を、ということで地下2階のカジノへ。帽子や水着の入った大き目のバッグはチェックインしないと駄目。それに入るのにもパスポートが入りました。(地元のシンガポール人は100ドルの入場料が必要で24時間しかいることができないそうです。)ここはタバコの煙が充満していて、なんだか異様なようす。ブラックジャックだ
けでなく、スロットや見たことの無いカードゲームなど、皆さん真剣そのもの。40分ぐらい様子を見ていましたが、それもこわごわ。一応飲み物のサービスのカートが回っていて、ホットココアとお水などを頂きました。見ていたブラックジャックは最低掛け金がシンガポールドル50ドルでした。

その後フルコースの中華料理を頂いて、またバスでクルーズターミナルに。船に帰る前に、飛鳥IIの頭上を通っているゴンドラに乗ってセントーサ島に行きました。ここは昔妹と行ったときは何もありませんでしたが、今はユニバーサルスタジオとかもあって賑やか。リュージュのようなもので滑る遊びなんかもするところや、蝶や昆虫の博物館、動物園なんかもあるようです。

帰りがけに私のお部屋のお掃除の係りの人が休み時間を利用していとこの人と会っているのに出くわしました。フィリピンから皆遠いところに働きに来ているのですね。

7時の出港に合わせて、ボンボアイアージュのセールアウェイパーティが11階でありました。


  1. 2012/04/12(木) 07:39:24|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 9 on 2012-04-11


4月10日

飛鳥IIは4月11日のシンガポール入港に向けて順調に航海を続けています。行きかうタンカーなども増えてきました。漁船も少し見かけます。

この日は午前9時からと午後1時から操舵室の公開がありました。10階でエレベーターを降りて前方の操舵室に行きます。4年前に1度上海に行く10日ほどのクルーズに乗ったときは公開はありませんでした。3年前のにっぽん丸では、寄港のときやややこしい海域以外はほとんど一日中9時から5時までブリッジは出入り自由でしたが、飛鳥IIではそんなことはなく、このような公開日しか入れません。にっぽん丸よりかなり大きくて3倍ぐらいはあるかな。船長の帽子を被って記念撮影も出来ました。どの船も神棚が備えてあります。

横浜からケープタウンまで乗船される作家の平岩弓枝さんの講演もありました。作家の阿川弘之さんと乗ったロッテルダム号という客船での想い出から始まり、飛鳥IIが近くを航海してきたベトナムに江戸時代前から渡り、鎖国により帰れなくなった日本人の話などをしてくださいました。さすがにお話上手いです。毎朝気功のクラスで見かけていたのですが、乗船客と思っていて平岩さんだとは気がつきませんでした。

その他はいつもどおりのラジオ体操、気功、ダンス教室で一日を過しました。

ショーは京劇の2回目。暗闇の宿屋で大立ち周りが繰り広げられる内容。先日京劇講座に出ていたので、余計に楽しかったです。これをやってくださった劇団TAKARAの皆さんはアジアンデッキディナーでも獅子舞を舞ってくれました。シンガポールで下船だそうです。



  1. 2012/04/11(水) 06:47:02|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 8 on 2012-04-10


4月9日 アジアンデッキディナー

4月9日はこの世界一周クルーズが始まって初めての快晴でした。この天気を計算して企画されたのだと思いますが、夕食は11階のプールサイドでのアジアンデッキディナーでした。普段は2回制の食事ですが、この日は6時からの1回。
プールサイドに子豚の丸焼きとか、パエリアとか、オードブルとかいろいろ準備され、飲み物も無料です。席はブールサイドの脇では間に合わないし、暑いので室内のリドデッキもオープン。そこに食事を持っていって食べてもOKでした。
私は折角なので外で頂きました。食べている間にバンドの演奏や歌があり、食事が一通り回った所で年間優秀従業員男女2名(二人共フィリピンクルー)の表彰がありました。お客様が歌でお祝いし、表彰された二人はプールサイドを一周しました。感動的なシーンでした。それから京劇の団員の獅子舞、エンターテインメントスタッフのカンフーダンス、プロダクションスタッフの歌と踊り、それに続いてみんなでダンス。暑くて汗だくになった初めてのデッキディナーでした。

その他には飛鳥の名物講師の石橋正先生による現在航海している海域の講演が新しくありました。他の船でも経験した事が有るホースレースもありました。3レースありましたが、なにも当らず。いつもと同じくラジオ体操、気功、ダンス教室をこなしましたけど、お昼の間は割りとゆったりとしたスケジュール。でもデッキディナーが大騒ぎだったから、夜は9時ごろには寝てしまいました。長いクルーズですから、最初に疲れをためるといけないですからね。

今回のクルーズで初めてトビウオが飛ぶのを見ました。他には海鳥を4月8日から少し見かける程度。動物にはまだ縁がありません。


  1. 2012/04/10(火) 06:39:05|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 7 on 2012-04-09


4月8日 ギャレーツアーと同窓会

4月8日は香港出港の翌日の終日航海日です。波が1.5から2メートルあって少しうねりがあり揺れていました。でも大したことはなかったです。ただし、南国に近づいているような青空ではなく、曇りで時々日が差す天気。海鳥は少し飛んでいて、コンテナ船が時々通りますが、これといって目新しいことはなく、静かな航海です。

この日は飛鳥IIの食事を作っている厨房(ギャレー)のツアーが2時からありました。百数十名の希望者がダイニングルームに集合。主だったレストランスタッフが出迎えてくれます。スタッフ紹介の後、総料理長の挨拶。その後10名のグループに分かれて、髪の帽子をかぶって見学します。大きな調理場で、とても綺麗にメインテナンスされていました。大きいなとも思ったし、あれだけの人数の食事を作る場所にしては小さいとも思いました。グループ見学の順番を待っている間は総料理長が質問に答えてくれました。

他には2009年のにっぽん丸の南洋・南米クルーズでご一緒だった方が何人かいらしたので、食事の回を一緒にして場所を取ってもらい会食しました。懐かしくて楽しかったです。

たくさんのイベントがありましたが、4月8日のイースター・サンデーにちなんでエッグハンティングもありました。これはクラブ2100というダンスなどに使う会場のあちこちに隠された卵を探し、その中に入っている紙切れ10枚を色別のグループごとに探してパズルを完成させるゲーム。30分ほどのゲームでしたが、カーペットを這いずり回って汗だくで探して面白かったです。

そのほかにはラジオ体操が始まりました。フラダンスの教室もあったみたい。私はラジオ体操、気功、ダンス教室などに出ました。ただあまり活動しすぎて、ばてても困るので、様子を見ながらやりたいと思います。


  1. 2012/04/09(月) 07:11:40|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 6 on 2012-04-08


4月7日 香港寄港

4月7日は神戸を出航してから初の寄港地香港です。横浜乗船の私達は神戸には降りれませんから4日間の終日航海を経ての陸地です。ただ天気は生憎の曇り。
でも時々雨の予報なのに雨が降らなくて良かったです。

香港には11時半ごろパイロットと税関係員を乗船させて13時にオーシャンターミナルに予定通り着岸しました。無料の半日観光のバスツアーも急遽準備され、たくさんの人がこのツアーに行ったけれど、私は自由行動に知り合いの方と出かけました。歩いて海岸沿いの映画スターのプレートがある遊歩道を通って九龍公園を散策。そのあとショッピングモールで黒のスニーカーを買いました。(スニーカーは飛鳥IIに乗ったとたんに履いてきた靴の底が割れて捨てる羽目になったのです。)3時間ほど歩き回って帰ってきました。

帰ってきた後はビストロでお茶をして、5時ごろスナックをつまんでからお風呂の後7時半の夕食です。この日は和食。食事の後21時の出航に併せて20時45分から11階のプールサイドで出航セレモニー。飛鳥バンドの演奏で歌があり、カクテルのサービスも(私はもらわなかったけれど)。みんなでプールサイドで踊りました。そうこうしているうちに汽笛を3回鳴らして出航。夜景が綺麗でした。

寄港地に寄る日でも午後からだったので、午前中は気功教室や京劇教室、ダンス教室もありました。先日見た京劇は詳しく動きの説明や訓練の様子(京劇の学校のこと)などの説明があり、すごく面白かったです。飛鳥名物のイカ飛ばしタイムがウィンブルドンコートでありました。プラスチックのイカを足の上に乗せて下駄飛ばしのように飛ばすのです。面白かったです。

世界一周が始まってまだ序の口ですが、皆さん元気にクルーズを楽しまれています。これから2日間の終日航海のあとシンガポールに向います。


  1. 2012/04/08(日) 08:03:40|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 5 on 2012-04-07


4月6日

終日航海日も4月6日で最後。やっと香港が近づいてきて、海の色も少し明るくなってきました。でもそんなに天気は良くありません。波も結構ありますが、船長によると追い波だとかで、そんなに揺れていません。そのお陰か香港到着が1時間早まって、4月7日の13時に着岸予定です。

さて、4月6日の行事で面白かったのはシングルズ・パーティ。前に乗ったにっぽん丸でもあったようですが、そんなに大掛かりではありませんでした。飛鳥IIでは11階のパームコートを全部使い、シニアオフィサーからエンターテイメントスタッフ、プロダクションキャストの皆さんが勢ぞろい。バンドの演奏もあり、カクテルのサービスもありました。なんと現在130名ほどがシングル乗船で、区間乗船を含めると150名弱がシングル乗船だとか。その中で陪席テーブルへの招待が当たる抽選があり、私はドクターとのディナーをご一緒しました。
乗船早々ラッキー!ショーは中国も近い事もあって中華でした。ショーも京劇。孫悟空です。

そのほかにも忙しい一日。気功教室2回、エアロビクス教室、ダンス教室2回、写真教室、カジノ教室、トークショー、カジノ、ダンスと目一杯。まあ、たくさん食べているので動かないとってことですが、先は長いので無理はしないように戒めないといけません。

明日は午後いよいよ初めての上陸です。



  1. 2012/04/07(土) 08:04:53|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 4 on 2012-04-06


4月5日 フォーマルデイ

神戸の乗客を乗せて2日目の4月5日は終日航海日。朝は風も強くて寒かったですが、揺れはほとんどありません。曇っていた天気もだんだん晴れてきました。沖縄を通り過ぎて台湾に近づいてきて、飛鳥IIは一路香港を目指しています。

さて、この日は船長主催のウェルカムパーティが行なわれ、ドレスコードも初めてのフォーマルです。

この日は午前中は運動をして過ごしました。まず朝一でお風呂に入った後はスタッフと一緒にデッキを歩くウォーク・ア・マイルに参加。それから気功のクラス。
朝食を食べてから太極拳のクラス。輪投げのゲームに出て、ダンス教室(マンボ)です。今日からダンス教室が始まったのですが、本当にたくさんの人が出てきています。まったくの初心者はかなり少なくて、まるで初めてでこの人数の中でやるのは大変だろうなと思います。私は初心者に限りなく近いですがそれでも前のクルーズで一通り習っていますからね。本当に初めてのときは冷や汗ものでした。

お昼は沖縄そば。やはり沖縄近くを通り過ぎたからですね。

午後はフォーマルのコーディネイトのクラスがありました。フォーマルドレスの専門家の方が、どんなドレスがお薦めとか、スカーフやコサージュの使い方、バッグの持ち方や写真を撮るときの立ち方等をアドヴァイスしてくださいました。
このクラス参考になりました。大ぶりのスカーフ一つで雰囲気を変えられるからスリップドレスやノースリーブドレスがお薦めなんですって。袖があると着回しが難しいけれど、袖がないとスカーフでなんとでもなります。いろいろ色を使うのではなく3色に抑えて、大振りなアクセントをが大事とか。

このクラスの後ダンス教室でブルースを少し習った後はお風呂に入ってパーティの準備です。私は2回目の食事だから7時前までに準備すれば良いのですが、1回目の食事の人は4時過ぎからパーティ。忙しかったと思います。着物の着付けも混んでいたそうで、1時にもう着付けをされて、夜まで着物のままでいなければならなかったみたい。

パーティは入口で船長と記念写真を撮ってもらい、中でカクテルを頂きながら、プロダクションスタッフの歌とか聞いて、そのあとシニアクルーの紹介です。それから夕食。とっても美味しかったです。

夕食の後はコンサート。このクルーズ初のシンガーは桑江知子さん。ピアノとギターの伴奏で沖縄の歌を中心に歌ってくれました。なにせ10:15からのコンサートで夜遅かったので、沖縄のゆったりした感じが良かったかな。

飛鳥IIのワールドクルーズのフォーマルデイで皆さんどんな服装をしているのかピープルウォッチしたかったけれど、パーティも2回制だし、パーティ会場も座っているし、すぐにダイニングに移動だし、ちょっとチェックしきれなかったのが残念かな。

香港に向けてもう1日終日航海が続きます。


  1. 2012/04/06(金) 07:18:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 3 on 2012-04-05


4.4 神戸出港

朝になって予定通り6時に神戸に入港しました。飛鳥は低気圧を避けて淡路島沖を一晩中ぐるぐる回っていました。停泊すると余計揺れるからみたい。大阪湾とは思えない波と風でしたが、思ったほどは揺れません。やはり大きな船だからでしょうか?

神戸のお客様はみんな船会社手配のホテルに泊まったそう。7時に乗船してから朝食でした。8時の出港で朝早かったけどブラスバンドの演奏もあり、晴れ渡った空に紙テープと風船が舞うセレモニーは良かったです。神戸出港が16時間遅れたので香港入港が7時間遅れになり、予定されていたツアーは全部キャンセルになりました。

でも神戸のお客様が乗船してやっと世界一周が始まった感じで、オリエンテーション、避難訓練がありました。気功のクラスやダンス教室の説明会に出ました。

夜の食事から二回制です。安全を祈って鏡開きもありました。いよいよ日本の領海を離れます。


  1. 2012/04/05(木) 07:45:12|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 2 on 2012-04-04


4.3 終日航海日

この日は神戸入港が1日遅れるため急遽1日航海日になりました。朝6時には田辺沖で大阪湾に入って行き、この調子なら1日遅らせなくても神戸に着くのではと思っていましたが、午後から雨や風が強くなりました。飛鳥は淡路島の右沖をぐるぐる円を書くように回って低気圧が過ぎるのを待ちました。揺れは思っていたほどではありませんでした。でも念のため酔い止めは4時間おきに飲みましたけど。

この航海日は揺れも予想されるからイベントは日中は映画ぐらい。吉永小百合の母べえを見ました。

お昼は鍋焼うどん。そのあと昼寝して、入国書類を提出。それからお茶して、ジムでストレッチ。お風呂に入って、夕食。この日のメニューは安航鍋、アンコウが入っています、それに赤飯。本当は神戸組が乗船したのを祝ってのメニューだったはずなのにね。

それから20分の短いプロダクションショーを見て、ダンス。

こんな1日でした。今日は神戸組が乗船予定。どんなにして待っていたのか聞くのが楽しみです。


  1. 2012/04/04(水) 07:39:31|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ 1 on 2012-04-03


4.2横浜出港

横浜は快晴でクルーズ日和。受付は11時からですが10時すぎに着きました。ちょうどぱしふぃっくびいなすが停泊していてお客様が下船していました。もう沢山の人が来ていて持って来た中くらいのスーツケースを預けて奥の待ち合い所に。ここでケーキやクッキー、コーヒーをいただきました。見送りの家族と来ると良いですね。

ここで知り合いにお会いしてお話。待っている間にクルーズスタッフのアフリカダンスやプロダクションスタッフのライオンキングのミニショーがありました。

11時から乗船手続き開始。当然上の階から。私は11:40頃から。旅行社のブースで乗船券をもらって、税関、出国手続きして部屋に入ったのは12時。

まず昼食。夜は洋食だから5階のメインダイニングで和食。ぶりの照り焼きなどでした。少し片付けしてからデッキに。

13:30から出港セレモニー。お客様は550名でスタッフは470名だそう。天気も良いので見送りも沢山。私も友人と大声で話が出来、テープもお互いに掴むことが出来ました。楽しい出港でした。

そのあと片付けしてからジムでストレッチ。そうこうしていたら船長から低気圧の影響で神戸の入港を4.3の11時ではなく4.4の6時で出港が朝8時にするとの放送がありました。揺れに備えてあわててお風呂。

6時から洋食の夕食。まだ1回制。プロダクションショーを見て、カジノを試して、ダンスを覗いて4曲踊りました。ダンスパートナーが3人乗っています。その後寝ました。

この日記を書いているのは4.3の朝6時。もう潮岬を通過して田辺沖。揺れは大したことありません。本当に神戸入港遅らせるのな?

結果は如何に?


  1. 2012/04/03(火) 07:58:46|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

世界一周クルーズに明日出かけます on 2012-04-01


突然ですが、明日から飛鳥IIの2012年世界一周クルーズに行って来ます。

行く行くと言っていると行けなくなる場合もあるので、直前まで結構隠密企画でした。

荷物も無事発送。
AA 2443

初めてのロングクルーズの2009年のにっぽん丸南洋・南米クルーズは68日間で荷物は8個。今回はそこまで気合は入っていなくて夜の服のイラストは全部までは描いていないし、全部別の物を着る訳でもありませんが、荷物は97日で10個。140センチの大きなダンボール9個と120センチのスーツケース1個です。(当然一人分。)夜の服3個、昼の服2個、帽子2個、アクセサリー1個、靴とバッグ1個、日用品1個って感じかな。

メールで様子を報告して、もしかするとブログ(このKOROSUKE-KORORINの日々)をアップしてもらうことが出来るかもしれません。

このブログのお気に入りにリンクしている『ぽん太の波まかせ』というアメーバブログはクルーズ専用に去年11月末から作ったブログです。こちらは帰ってきてからクルーズの様子を詳しくアップしようと思っています。

郵船クルーズのホームページでも乗船している写真家の方がフォトエッセイを毎日書く予定なのでそちらもご覧下さい。

4月2日の13:30から出航セレモニーで14時出航の予定です。

  1. 2012/04/01(日) 06:02:57|
  2. 飛鳥II世界一周|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

Information

HIROKO

03月 « 2012年04月 » 05月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Other

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。