FC2ブログ

マザー・グース考 on 2005-11-26


11-26-05-mothergoose.jpg


映画のおかげかうまく英語を喋れて(思ったほど忘れていない!)ちょっとご機嫌の麻呂画伯。今日は英語の話題です。

英語の勉強にはイギリスの伝承童謡のマザー・グースを歌うのもよいと思います。韻を踏んでいて、よい英語のリズム感が身につくのです。

マイフェアレディでも使われた歌:
Rain, rain, go away,
Come again another day,
Little Johnny wants to play.

Rain, rain, go to Spain,
Never show your face again.

Rain on the green grass,
And rain on the tree,
Rain on the house-top,
But not on me.

あと有名な卵のハンプティ・ダンプティ(私はこれ好き、で、これはメロディもあり):
Humpty Dumpty sat on a wall,
Humpty Dumpty had a great fall:
All the King's horses and all the King's men,
Couldn't put Humpty together again.
(これはなぞなぞ。「一度こわれたら最後、どんなに努力してももとどおりにならないものなあに」答「タマゴ」)

ちなみにこの歌を4拍に当てはめるとこうなるの。これだけの言葉をちゃんと拍の中に入れて読むと英語のリズム感が身につくよ。(1拍1語のこともあるけれど、1拍に3語のこともあるの。1本調子の日本語風じゃいけないのね。)
11-26-05-humpty.jpg


早口言葉もあるよ:
Peter Piper picked a peck of picked pepper;
A peck of picked pepper Peter Piper picked.
If Peter Piper picked a peck of pickled pepper,
Where's the peck of pickled pepper Peter Piper picked?

さあみんな練習しよう!

ちなみに最近の歌もちゃんと韻を踏んで作ってあるのですよ。全部かどうか分からないけれど。私の好きな(そしてもう少しすると結婚するー男性と!)エルトン・ジョンのYour Songの歌いだしはこうなっているの。(また著作権やばいかな?)綺麗な韻を踏んでいるでしょう?
It's a little bit funny this feeling inside
I'm not one of those who can easily hide
I don't have much money but boy if I did
I'd buy a big house where we both could live

残りの歌詞はこのイギリスのサイトに出ていました:
http://www.eltonography.com/songs/your_song.html


スポンサーサイト




  1. 2005/11/26(土) 04:53:19|
  2. 英語|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

Information

HIROKO

10月 « 2005年11月 » 12月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Other

Search