FC2ブログ

スポンサーサイト on --------


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

RSC 真夏の夜の夢 on 2005-11-05


芸術の秋。語学の秋。
で、また、12月にお芝居にいくことにしました。今度は大英帝国から来日するロイヤル・シェークスピア・カンパニー(RSC)。
演目は「真夏の夜の夢」です。

真夏の夜の夢は:
アテネ近くのとある森の中、妖精の王と后は喘嘩の真っ最中。
運悪くそんな折に森を訪ねた二組の男女は、そそっかしい妖精パックに惚れ薬を誤用されていまう。
薬のせいで関係がこじれ決闘を始めてしまった二人の男を止めようと、妖精パックは必死に駆け回るが…。
幻想的な月夜の晩に妖精と人間が織りなす詩情豊かな傑作喜劇。

同時通訳のイヤホンもあるらしいけれど、英語がペランペラン(?)な私(TOEIC取りこぼし)はやはり原語で聴かないとね。

といっても、シェークスピアのころの英語で喋るのかな。それだと、源氏物語や歌舞伎を聴いているみたいなもので、かなり辛いかも。なので、事前に日本語の本をもう一度演奏会の後で読み直しておこうと思います。(実家には本はあるのですが、こちらにはないので、仕方がないから図書館へ。。)昨日は真夏の夜の夢ではないのですが、シェークスピア関係の本を2冊借りてきました。(演奏会前で大丈夫か?)

ところでシェークスピアの若い頃を描き、映画「恋に落ちたシェイクスピア」が製作されるきっかけにもなった肖像画が、実は本人でない可能性があることがこのほど、英国立肖像画美術館の調査でわかったとか。「豪華な服装ができる金銭の余裕ないはず」ということで。

シェークスピアの「ヴェニスの商人」をアル・パチーノが演じているのが評判が高いようです。これも見てみようかな?

shakes.jpg


スポンサーサイト

  1. 2005/11/05(土) 00:27:18|
  2. 英語|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:15

ココとチャーリーのご幼児期から on 2005-11-05


①ココのご幼児期
koko1-little.jpg


②ココのご幼少時
koko2-little.jpg


③大人になったいなせなポーズのココ(ちょっと写ってるベアーはイギリスの作家が作ったココという名のぬいぐるみでノーベアリー)
koko3-little.jpg


④チャーリーのご幼児期(ミッキーマウスみたい。)
charlie-little.jpg


⑤ココの兄弟(ぶれてなくて、よく写ってる。)
koko-brothers.jpg



  1. 2005/11/05(土) 00:22:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

Information

HIROKO

10月 « 2005年11月 » 12月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Other

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。