スポンサーサイト on --------


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ひきこもり英語 on 2011-02-12


昨日朝起きて、雪が積もっているかと思っていたけれど、まだ積もっていはいませんでした。でも一日ずっと降っていて、4時ごろからは積もり始めました。寒い一日でした。今日も同じかな。

こんな本を妹から借りました。
AA 849
新聞の人の欄に載ったイングリッシュ・モンスターと呼ばれる人。34歳で仕事をやめてほとんど引きこもりになり、その生活の中で暇なので英語を勉強して、外国にも行ったこともなく、TOEICで満点の990点を24回も取ったのだそう。なかなか面白い境遇の人で、本もすぐに読めました。私もちょっと似たような暇な時間も多いので、参考にします。帽子作りとかチェロの練習とかいろいろやることもあるから、そこまで単語を調べまくって本や雑誌を読むのは出来ないかもしれないけれど、ドラマなどを録画して何回か見る(今見ているのは「アグリ・ベッティ4」「刑事コロンボ」「大聖堂」)とか、帽子作りやチェロを弾きながらBBCを聞くのはやっています。私も引きこもりみたいな生活が終わったときに役に立つかもしれないから、1回だけ受けたTOEICの成績表は捨てないで取ってあるんだ。

★今日の英語:
concession 譲歩
BBCはほとんど一日エジプトのニュースをやっています。昨日の朝はムバラク大統領が譲歩を拒否して大統領は辞任しないと演説したことにデモの人ががっかりしているという話題ばかり。他にも良く出てくる英語はcorruption腐敗(エジプトでは汚職が蔓延しているみたいね)とかemergency law(戒厳令、ずっとこんな戒厳令が出ているとは知りませんでした)。

今起きて見てみると、ムバラク大統領辞任したんですね。さてエジプト情勢どうなるでしょう?

★今日の作品:
今日も帽子のあまり切れ(ツーピースのスカート)から着せ替えヨーヨーキルトを作りました。
AA 826

AA 827

スポンサーサイト

  1. 2011/02/12(土) 05:56:25|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

読んだ本 on 2010-12-27


昨日はジムに行って来ました。ヨガとコア・ボーディングをやりました。コアはいつもの先生とは別。先生によって感じは大分違います。疲れたけど、いつもはくたくたになってしまうのだけど、そこまでではありませんでした。

合間に高校駅伝を見ました。女子は岡山の興譲館が優勝。この勢いで広島の世羅高校も連覇なるかと見ていましたが、3区では留学生の頑張りでトップだったのに、7区の1年生が最後の最後で抜かれましたね。残念!

最近こんな本を読みました。

整理術って、根本は頭の中をどう整理するかってことなんだよね。それが出来ると物も整理できる。分かって入るけどなかなか実践できません。
2010_1222_143325-PC220003.jpg

アンアンのデザインとかをやった方。懐かしかったです。
2010_1222_143341-PC220004.jpg

奥田英朗の読みやすい本2冊。でも読みやすいけど、読み応えもなかった。。。。。
2010_1222_145611-PC220005.jpg

★今日の作品:
フェルトで遊んでみました。これもいづれ帽子につけようかな?
AA 656


  1. 2010/12/27(月) 06:04:07|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

途中でやめた on 2009-08-26


新聞の書評欄で見て読みたくて買おうかなと思った本がなんと図書館に入っていました。早速借りて読み始めました。読んだのは、『デンデラ』佐藤友哉著。70歳を迎えた老人は年明け早々に「お山参り」するのが決まりの「村」でお山に送られた49人の女性たちが生き残ってデンデラという集落を作っていて村に復讐を誓う、というような話。でもね、巨大なヒグマに襲撃されてそのヒグマにまず戦いを挑んでいくという場面が続きます。クマに襲われて内蔵もえぐられ、、、、みたいな表現が延々と。。。。途中で嫌になって止めました。だって、飛ばし読みしても話は疫病の蔓延とか救いのない話が続くばかりなんですもの。読むならもっと建設的な本を読みたいものです。

★今日の作品:
黄色の紬の最後の作品。小さなヨーヨーキルトを繋げて十字の形にしてペンダントトップとピアスを作りました。これで黄色の紬はほとんど全部使ってしまいました。
B 122


  1. 2009/08/26(水) 05:46:28|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

読書 on 2009-07-07


昨日広島から関東に移動して来ました。最寄の駅の直前でちょうど雨になりました。でも帰ってちょっとしたら止んでいます。間が悪かったです。新幹線はこの前クルーズを終えて広島に帰るときよりお客は多かったです。不景気に歯止めはかかったんでしょうか?

図書館の新刊書コーナーにこんな本がありました。2冊借りて読んでみました。
B 015

左の本は書かれたのは1994年なのでかなり古いです。図書館には最近入ったようですが。この前に英語教育について書きましたが、これは英語は早く始めれば始める方が良いというもの。(胎教にも。)ディズニーのキャラクターと一緒に歌とか歌いながら覚える方法らしいので、まあ、これもありかな?

右の本は作家の水村美苗さんのエッセイ集。彼女はこの前「日本語が滅びる時 -英語の世紀の中でー」という本も出している人。12歳で父親の仕事の都合で海外生活を余儀なくされて米国で教育も受けた方です。英語の環境になかなかなじめず、昔の日本の本を読んで過ごした特異な少女時代を送ったとか。日米どちらの文化にもうまく順応できなかった複雑な環境だったみたいです。なかなか思慮に飛んだ文章。面白かったです。

★今日の作品:
B 016
今日もナイロンオーガンジー。今回はグレー。これで計何個出来ただろう?首に巻くレイも頭に巻くレイもこれで大丈夫だ!


  1. 2009/07/07(火) 05:29:49|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

中村うさぎの本 on 2009-06-24


先日にっぽん丸のクルーズの絵画教室でお世話になったイラストレーターのマツモトヨーコさんのブログ(彼女絵だけでなく文才も凄いのだ)に最近の読書本として中村うさぎの本が紹介してありました。中村うさぎさんはよくお昼休みに行く食堂に置いてある週刊文春にコラムエッセイを書いていて、最近では渋谷税務署とのやりとりが秀逸。ブランド買い物中毒とかホストにはまったとか美容整形とかいろいろ破天荒な行動で話題。

読みたくなって早速図書館で2冊借りてきました。1冊はこれ。
A 008
もう1冊は「愚者の道」という本。

彼女文章うまいですね。両方ともありえないくらいの自己洞察力。私は彼女の行動は真似しませんが、あれだけ自分の本能のまま自己を追い求める姿も凄い。あのまま破滅の道を突っ走るのでしょうか?興味しんしんです。

うさぎと言えばかめ。

ガラパゴスで道路横を悠々と歩くかめ。
A 2439
海がめの甲羅
A 2473
ガラパゴス土産の木彫りのかめ。これを皮ひもにくくりつけてネックレスにしました。
A 2816



  1. 2009/06/24(水) 05:30:32|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

コミックエッセイ on 2009-03-04


昨日は本当に寒かったですね。雪も降って車や屋根の上は真っ白。自転車に合羽、長靴で往復しました。

お昼はひな祭りのちらし寿司に天ぷらそば。お腹一杯です。腹ごなしに歩いてショッピングセンターの本屋に。この前から新聞で盛んに宣伝している池田○○さんの「あと5キロ」減量なんちゃら(正式な書名忘れました)というコミックエッセイが平積みしてありました。全然知りませんでしたが、この方お金のため方とか片付けの仕方の本も出しているのですね。他にもこういう本が流行っているのかコミックエッセイのコーナーが設けてありました。しかし立ち読み5分程度で簡単にだいたい内容が把握できます。うーん、そんなに買う人がいるのだろうか、と思ったのでした。

書いてあった内容は別に目新しくもなし。まあ、ダイエットには近道はないですね。摂取カロリーを減らして運動、です。

★今日の作品:これなーんだ?
3-3-09 003
はい、オレンジです。
にっぽん丸は煙突(ファンネル)が濃いオレンジでそれにちなんでオレンジ・ナイトというオレンジの衣装を着ましょうという夜があるそうです。

  1. 2009/03/04(水) 06:08:36|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

読書 on 2009-02-20


最近読み終わった本。どちらも軽く読める本。

ひとつは佐伯泰英の密命シリーズの9作「極意 密命・御庭番斬殺」。読み始めは居眠り磐音シリーズに比べてつまらないなと思ったけれど、これはこれでなかなか面白かったです。時代小説は肩がこらずに読むにはぴったり。

もうひとつは角田光代の「人生ベストテン」。短編が6作入ったものです。この人の作品も初めて読みました。なんだか不思議な展開のドラマを見ているような作品でした。

今日は午前中は雨かな。久し振りで合羽での自転車となりそうです。

今日は母の誕生日。おめでとう。

★今日の作品:
2-18-09 001
これは浴衣の生地から。



  1. 2009/02/20(金) 06:08:11|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

読んだ本 on 2007-02-05


最近読んだ本。
20070203161426.jpg

この方はこの前のクルーズで講師をなさっていてお話も伺ったし、朝ごはんもたまたまご一緒したのですけど、良い本でした。丁寧な生き方をしてらして。見習いたいと思いました。
20070203161405.jpg

頂いた本。フィールドワークとか大変だったでしょうね。ザビエルの時代の苦労が偲ばれて。ますます五島のあたりとか行ってみたくなりました。歴史を知っていると旅行をしていても全然印象が違うでしょうね。日本史・世界史またやってみたくなりました。
20070204155949.jpg

ドラマ化された『君について行こう』。前に読んだ事はあったのですが、読み返してみました。続編の『女房が宇宙を飛んだ』も読みました。
20070204160007.jpg



  1. 2007/02/05(月) 06:32:53|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

消える本屋さん on 2006-04-30


最近本の売れ行きが伸び悩んでいるとか。本屋も街中から少なくなっています。私も最近は本が増えても置き場所に困るからと、図書館で借りる事がもっぱら。売れなくなるのも分かります。でも、近くに本屋がないのは困るな。うちの町も駅前の本屋がなくなってしまいました。
4-30-06-book.jpg

なくなった本屋の後にはおすし屋さんが出来ていました。昨日のお昼はそこで食べてみました。この写真プラス赤だしです。1500円。まあまあかな?
4-29.jpg



  1. 2006/04/30(日) 06:43:21|
  2. |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

空中ブランコ on 2006-03-26


久し振りに本を読み始めました。奥田英朗の「空中ブランコ」。伊良部という精神科医が出てくる短編が5つ。なんだか、笑ってしまいます。面白いです。いま3篇読み終えたところ。

「空中ブランコ」を読んでいたら、他の雑誌で目に留まったのが、7月から8月に東京で公演がある広東雑技団のアクロバティック「白鳥の湖」。王子の頭の上に白鳥がポワント(あのバレエのつま先立ち)で立つんですよ。写真を見るだけで凄い。なんか見てみたいです。小さいころサーカスを見に行った時、地上数メートルのところでほとんど地面と平行にケージの中をぐるぐる回るオートバイに大変驚いた事を、鮮明に記憶しています。

今日の作品。
小さなバッグ。裏側のステッチが細かくて綺麗。
20060325194337.jpg

20060325194352.jpg

着物地を使った(?)小さなポーチ
20060325194413.jpg

小さなバッグ
20060325194428.jpg

ソーイング・ケースです(10数センチX25センチくらい)。中に針をさすものもあります。
20060325194444.jpg

20060325194503.jpg



  1. 2006/03/26(日) 06:55:56|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

聞き書き みちのく職人衆 on 2005-12-27


大分前の本ですが、面白いものを読みました。野添憲治著「聞き書き みちのく職人衆」小峰書店(1992年)です。(図書館の蔵書整理でただでもらえたのです。)以下のような人が出てきます。
樺細工師:小柳金太郎
下駄職人:木村作蔵
古代紫根染・茜染染元:栗山文一郎
南部鉄器鋳物師:及川鉄
能代ダコ師:北村長三郎
鍛冶職人:一ノ関卯一郎
杜氏:高橋良吉
あけびづる細工職人:中川原十郎
漁師:石上義美
桶・樽職人:大山誠一郎
和裁士:塩谷九郎
百姓:金仁一郎

このかた達に聞き書きをしているのです。ノースカントリーの話し言葉がそのままで、とても新鮮でした。皆さん本当に職人気質で凄いです。

これを読んで、あけび籠を作るのも大変なんだと改めて思いました。いま持っているものも大事に使っていかなければと。(持っているものは中川原さんのものではありませんが、すばらしい匠の技です。)
12-27-05-kago.jpg



  1. 2005/12/27(火) 05:21:22|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

橋本治の本 on 2005-11-03


きのうはまた電車での移動とか、待ち時間があったので、本を読みました。久しぶりに橋本治の本。(「蝶のゆくえ」という短編集。)

彼の本は「桃尻娘」以来何冊が読んだけれど、久しぶりです。とても頭の良い人だけど、ちょっと変わっているかな。で、短編集も摩訶不思議。

本のリスト
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8B%B4%96{%8E%A1/list.html

橋本治のこと
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B6%B6%CB%DC%BC%A3

「とめてくれるな おっかさん 背中のいちょうが 泣いている 男東大どこへ行く」という東大駒場の駒場祭のポスターでも有名なんだ。
http://www.digital-momonga.jp/pukiwiki/pukiwiki.php?1968%C7%AF%C5%EC%C2%E7%B6%F0%BE%EC%BA%D7%A5%DD%A5%B9%A5%BF%A1%BC

絵は関係ないけど、桃から連想してココちゃんです。
momo-ichigo-koko.jpg



  1. 2005/11/03(木) 05:03:25|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

Information

HIROKO

04月 « 2017年05月 » 06月
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Other

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。